「一地球人としての下山田吉成」のブログです。


by SIMON
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

空に小鳥がいなくなった日(反原発ソング・グラフィティ19)

福島原発周辺で鳥が減少 日米などの研究チーム調査

2012年02月03日金曜日
【ロンドン共同】
3日付の英紙インディペンデントは、東京電力福島第1原発の事故による環境への影響を調べている日米などの研究チームの調査で、同原発周辺で鳥の数が減少し始めていることが分かったと報じた。調査結果は来週、環境問題の専門誌で発表される。
 研究チームは、1986年に事故が起きたウクライナのチェルノブイリ原発と福島第1原発の周辺で、放射性物質放出による生物への影響を比較調査するため、両地域に共通する14種類の鳥について分析。
 福島の方が生息数への影響が大きく、寿命が短くなったり、オスの生殖能力が低下したりしていることが確認された。

◎記事引用元 

47NEWS/共同通信
http://b.hatena.ne.jp/entry/www.47news.jp/CN/201202/CN2012020301002182.html北海道新聞 
(02/03 21:00)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/dogai/348271.html
インディペンデント紙 記事
Bird numbers plummet around stricken Fukushima plant
http://transnote.g.hatena.ne.jp/ecua/20120204/p1
空に小鳥がいなくなった日、原発は放射能を漏らし続けた。


●混声4部合唱
「空に小鳥がいなくなった日」

http://www.youtube.com/watch?v=5ICTJx37ASk&sns=em
[PR]
by asiakatasumi11 | 2012-07-01 01:58 | 放射能汚染 放射線障害 食の安全