「一地球人としての下山田吉成」のブログです。


by SIMON
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

海はなかった(反原発ソング・グラフィティ18)

日本の海でとれた魚介類を食べることにより、放射性物質だけでなく以前から存在する様々な公害物質や環境ホルモンをも摂取することになり、体内で致死的複合汚染が発生します。

これからの地球生活においては、海産物を食べることは死滅への近道になることを認識しましょう。

http://matome.naver.jp/odai/2131829810240813801/2133844125987611903?guid=on
http://matome.naver.jp/odai/2131829810240813801/2131843000742963003?guid=on

http://matome.naver.jp/odai/2131829810240813801/2131829817740816203?guid=on
青山貞一:福島原発事故で本当に怖いのは魚介汚染 
E-wave Tokyo

http://www.youtube.com/watch?v=ALvIdgc824Q&sns=em
(引用開始)

原発事故以来、官民を問わず膨大な量のモニタリングデータが公にされてきたが、なぜか魚介類に含まれる放射性物質汚染に関するデータは、きわめて限られている。
 理由はやはり太平洋側の海洋汚染が相当深刻なためだろう。
 日本の気象庁の気象研究所が2011年11月16日に発表したシミュレーション結果によると、放射性物質のうち、とくに放射性セシウムは今年の4月までに70~80%が海に落ち、陸地に降ったセシウムは30%程度と推測している。
 気象研究所の研究チームによれば、2011年3~4月は偏西風で運ばれるために陸地に落ちる量は少なく、その分海洋が汚染されたとみている。ヨウ素131は放出量の約65%が海に落ちたとしている。
 ちなみに私たち環境総合研究所が2011年春に行った放射性物質の3次元の移流、拡散シミュレーションでも類似の結果がでている。通常、陸側が表示されるが当然のこととして、西風系の場合には放射性物質は太平洋側に落ちる。
 陸側におちた放射性物質も最終的に海に流れ込む。今後、近海魚や回遊魚だけでなく、底生魚介類の汚染が深刻になると推察される。
 本動画は、この分野第一線で漁民やNPOとも議論しあう中で調査研究をしてきた青山貞一さんに詳しくその実態、裏事情、一般国民はどうすればよいかなどについてのご意見を伺った。

  池田こみち 環境総合研究所副所長/インタビューア 2012.2.6

(引用終了)


私たちの海は、もう存在しない。


昭和61年 NHKコンクールより 福島県立安積女子高等学校


「海はなかった」

http://www.youtube.com/watch?v=e6ry4A8IKDw&sns=em
[PR]
by asiakatasumi11 | 2012-06-07 21:23 | 放射能汚染 放射線障害 食の安全