「一地球人としての下山田吉成」のブログです。


by SIMON
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
シンガーソングライターの斉藤和義さんがプライベートに撮影した反原発ソングの映像がインターネットに流出して話題になっているそうです。


「ずっとウソだった」

この国を歩けば、原発が54基。

教科書もCMも言ってたよ、「安全です」。

俺たちをだまして、言い訳は「想定外」。

懐かしいあの空、くすぐったい黒い雨。

ずっとウソだったんだぜ、やっぱりバレてしまったな。

ほんとウソだったんだぜ、「原子力は安全です」。

ずっとウソだったんだぜ、ホウレンソウ食いてえなあ。

ほんとウソだったんだぜ、気づいてたろうこの事態。

風に舞う放射能はもう止められない。

何人が被曝すれば気がついてくれるの、この国の政府。

この街を離れて、うまい水見つけたかい?

教えてよ、やっぱいいや、もうどこにも逃げ場がない。

ずっとクソだったんだぜ、東電も北電も中電も九電も。

もう夢ばかり見てないけど。

ずっとクソだったんだぜ、それでも続ける気だ。

ほんとクソだったんだぜ、何かがしたいこの気持ち。

ずっとウソだったんだぜ、ほんとクソだったんだぜ。




これは斉藤さん自身の「ずっと好きだった」を本人がセルフカバーした替え歌です。

YouTubeへの投稿は削除されたそうですが、YouTubeを見た人がコピーを他の動画サイトに次々と投稿したために広がっていったようです。

一方、斉藤さんは映像流出の翌日4月8日にUSTREAMのSpeedstar Recordsアカウントで震災支援ライブ「斉藤和義
on USTREAM『空が綺麗』」を生出演し、「ずっとウソだった」を演奏した時は3万人以上が生中継にアクセスしたため配信が止まるハプニングもあったそうです。停止を知った斉藤さんは再度歌い直して男を上げたとのこと。


斉藤さんは2009年に亡くなった忌野清志郎さんの大ファンと伝えられており、「ずっとウソだった」は反原発ソングの先駆者である清志郎さんへのオマージュとも受け取れる傑作です。



下山田吉成
[PR]
# by asiakatasumi11 | 2011-05-08 22:14

内部被曝とは

(内部被曝とは)

放射線被曝には体外被曝と内部被曝がありますが、日々発表されている大気や水道水の放射線計測値が万が一正確なものだったとしても、それは体外被曝についての参考値となるだけで、体内被曝については安全の保証どころか何の気休めの根拠にもなりません。

内部被曝は現在実施されているようなレベルの体外からの計測では検出できません。ですから私の知る限り、これまでに発表された「住民の内部被曝はない」という報道は全て不適切な検査方法に基づく虚偽ですので信用することはできません。

呼吸や飲食を通じて体内に取り込まれた放射性物質は全身のいずれかの組織に付着し、アルファ線やベータ線などを長時間放射し続けます。

その結果、体細胞が傷つけられてガンなどの慢性的な疾病が進行したり、生殖細胞が傷つけられて子孫に遺伝障害が起こるなどの健康問題が発生するのです。

しかし、これまで広島・長崎の原爆被爆者と厚生省(現在の厚生労働省)の論争の中で、被曝者側は「内部被曝は体外被曝とは異なるメカニズムで細胞を破壊し、微量でも重大な健康障害を引き起こす」と訴えたのに対し国側は「健康に被害を与えるのは高線量の体外被曝だけで、体内に入った放射性物質からの放射線は低線量(微量)であるため被害は一切無視出来る」と反論しています。

したがって内部被曝による健康障害には何の補償も行われていないのが現状です。

今回の福島第一原発事故による放射能汚染についても、政府や東電の認識は専ら体外被曝を前提としており、内部被曝を著しく過少評価しているため、今後内部被曝によるガンをはじめとする健康被害が多発しても因果関係を認めないか、事実上「想定外」として免責を主張するものと考えられます。

私たちにとって政治家や官僚の無知と無能を糺し、東電の責任を徹底的に糾弾することと同時に、自らの健康を守るために内部被曝のリスクを軽減させる努力が必要とされます。



下山田吉成
[PR]
# by asiakatasumi11 | 2011-05-07 05:17

メリー・ゴー・ラウンド

個人の内的な葛藤や否定的想念が現実世界に現象化するという法則があります。

同じように個人の内的な愛や肯定的想念が現実世界に現象化するという法則も存在します。

つまり私たち一人一人の内実が顕在化しているのがこの現象界である、ということなのでしょう。


今回このような大きな事象(大地震&原発事故)が起きたということは、日本人全員の想念の総和がこのような現実を生み出したことを示している、という意見があります。

現象としての事実に優劣や善悪はありませんが、もしあるとすれば個々の信念や価値観に基づく見解でしょう。

しかしそれらの見解はメガネのレンズに付着した汚れのようなものであって、あるがままの事実認識を妨げる元凶となります。

それでも人はよりよい未来を信じることをやめられないし、だからこそ電力会社や政府や宗教団体にだまされ続けるわけですが、それは個々の魂が成長するために必要な学習プロセスなので、それはそれでよいのです。

個人や社会や地球に何が起ころうと、それは「あるがままのもの」であって、私たちの一存で都合よく「あるべきもの」に捏造することはできません。

事実こそが至高の愛であり、思想や信念や宗教は事実をありのままに受容できない人たちが考え出した方便もしくは代償であると私は考えます。

そしてほとんどの人々がその方便や代償の奴隷になっているのです。

仮に反原発運動が盛んになって原発がこの世界から全廃されたとしても、次の禍禍しいテクノロジーがすでに準備されています。

それが露見したならば私たちはまた反対運動をしなければならなくなります。
こうして私たちの人生の時間とエネルギーのほとんどは何かとの対立に費やされ続けることになるのです。

善と悪や光と影の葛藤に終わりはありません。

私たちは希望と絶望や喜びと悲しみの間を行ったり来たりしているうちに生を終えますが、どれだけ長生きしても何度生まれ変わろうともアップダウンを繰り返しながらグルグルと輪廻するメリー・ゴー・ラウンドに乗っているに過ぎません。

希望にも絶望にも執着しない、欲にも無欲にも執着しない、原発推進にも反原発にも執着しない、それらの全てを超越した心だけが本当の幸せを知覚することができるのです。


これは2500年くらい前に現在のインドで約50年間も大ボラを吹いていた人が亡くなる直前に言ったことらしいですが、私は結構気に入っています。


「諸行は無常であって是れは生滅の法である。
この生と滅とを滅し已(おわっ)て生なく滅なきを寂滅(涅槃)という。
寂滅とは本当の楽である。」


これを美しい日本語で詠んだものが空海作と伝えられる「いろは歌」です。


色は匂えど散りぬるを
(諸行無常)

我が世誰ぞ常ならむ
(是生滅法)

有為の奥山今日越えて
(生滅滅已)

浅き夢見じ酔ひもせず
(寂滅為楽)




あるがままのものがあるがままでありますように。



下山田 吉成
[PR]
# by asiakatasumi11 | 2011-05-06 16:49

巻頭挨拶

新時代の夜明け前の深い闇の中で起きたフクシマ原発震災が、旧世界の大洗濯と大掃除が始まる号砲ととらえ、内なる墓標に供養を捧げ、内なる古い垢を落とし、内なる過去の遺物を一掃するための試みとしてブログを開設します。


自然療法や治療に関する情報はブログ ひもろぎ庵便り

http://himorogian.jp/tayori/

に掲載していますのでご覧になって下さい。


皇紀2671年
太陰暦4月3日


下山田吉成
[PR]
# by asiakatasumi11 | 2011-05-06 01:58