「一地球人としての下山田吉成」のブログです。


by SIMON
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
民主主義=選挙
と思い込まされている時点であちら側のマインドコントロールの罠にはまっている。

プロレス政治の洗脳から覚めない限り、投票に行っても行かなくても戦争に行くという筋書き通りになることは避けられない。

ジャイアント馬場やアントニオ猪木がめったに負けることがなかったように、現行の選挙制度は自民党が自民党の長期的政権保持のために工夫を凝らして作ったものなので、たまにシナリオ上わざと負ける場合以外はほとんどいつも第1党である。

自公が参議院の3分の2を占めることが決定的な現状おいては、むしろ投票に行くことで戦争に行く可能性を高めることになるだろう。

やる前から結果が決まっているインチキ選挙だとしても、投票に行くことで選挙の勝者が憲法を改悪し、国民を戦争に行かせる国にすることを承認することになる。

誰に投票したとしても自公が圧勝すれば彼らの政策に従わなくてはならないし、選挙に参加したことで、勝者が行う悪政に対する責任が生じる。投票率が高ければ多くの有権者がその選挙結果を認めたことになり、勝者をして「民意を得た」と言わしめることになる。

これが投票主義ファシズムの正体なのだ。

今さらどうあがいても憲法は必ず改悪される。

向こうは5年以上前から今回の参議院大勝後の憲法改悪のスケジュールを立てて、関連法案の整備を行ってきたのだから準備は万全。

ただの一度も本当の意味で選挙で正義が勝ったことがないのは、現行の選挙という仕組みが政治から正義を排除する強い性質を帯びているからである。正義は利権や搾取や戦争を否定するから、金権崇拝のこのクニでは好まれないのだ。

だまされたりマインドコントロールされたり洗脳されたりするのは愚かなためで、もし牛や豚が高い知性を持っていたら、いくら肉が美味いからと言ってもあんな扱いは受けないだろう。

イルカやクジラは肉が美味しくても知性が高いという理由で特別に保護されている。

愚かさ故に家畜のように扱われるのは、自分がバカだから馬鹿にされてしまうだけのことで、自己責任である。

今回の場合

護憲=投票に行く

という思い込みは妄想なのだ。

そもそも民進、生活、共産は改憲、加憲で、護憲政党ではない。三宅洋平氏も「集団的自衛権を認めない」としながらも「改憲して自衛隊を明記する」と公約している。

これでは自公が勝っても、万が一野党が躍進しても、改憲派が参議院の圧倒的多数を占めることは間違いない。

憲法改正か憲法改悪かは立場と解釈の違いに過ぎないので、頭の悪い洗脳された家畜人たちは誰に投票しても改憲に導かれることに気づいていない。

憲法改正の国民投票というのは改正案ごとに投票するのではなく、改正するかしないかを投票によって決するので、もう改憲は決定的な規定路線である。そしていざ改憲となれば過半数を占める与党の改正案が可決され、日本はめでたく戦争ができるハイテクな専制国家に回帰することになるのだ。

政治や選挙がプロレスから総合格闘技に進化しない限り、投票に行く意味がほとんど感じられない。

7月10日の夜はお約束通り大敗して、「不正選挙」だの「投票に行かないヤツが悪い」だの「野党が結束しないから負けた」だのとネットでわめいて、どうせ3日もすれば全て忘れて何事もなかったように別の話をしてんだろ。

だからいつまでたっても家畜人のままなんだよ。

………………………………………………………………………………………………………………………………

選挙に行かないことが合理的な三つの理由と、「選挙に行かないやつは政治を語るな」が間違っているもっと沢山の理由

http://d.hatena.ne.jp/akabeko8/touch/20130925/p1
[PR]
# by asiakatasumi11 | 2016-07-02 14:16 | 似非民主主義 プロレス選挙

被曝する

被曝する


被曝するということ
今被曝するということ
それは鼻血が出るということ
臨界の閃光がまぶしいということ
ふっと或るトラウマを思い出すということ
咳をすること
あなたの手をはなすということ


被曝するということ
いま被曝するということ
それはストロンチウム
それはプルトニウム
それはウラン
それはピカドン
それはアメリシウム
すべてのおぞましいものに出会うということ
そして
かくされた毒をたくさん飲まされること


被曝するということ
いま被曝するということ
泣けないということ
笑えないということ
怒れないということ
不自由ということ


被曝するということ
いま被曝するということ
いま遠くで犬が倒れるということ
いま目が廻っているということ
いまどこからも産声があがらないということ
いまどこかで作業員が血を吐くということ
いま線量計の針が高止まりしているということ
いま走馬灯が通り過ぎていくこと


被曝するということ
いま被曝するということ
鳥ははばたかないということ
海に穢れがあつまるということ
かたつむりは溶けるということ
人は滅びるということ
あなたの手の冷たさ
むくろということ

[PR]
# by asiakatasumi11 | 2016-06-15 15:49 | 脱原発 反原発 建て替え 建て直し 維新
今日、2016年6月10日は、1944年6月10日に千葉県成田市にある麻賀多神社
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E9%BA%BB%E8%B3%80%E5%A4%9A%E7%A5%9E%E7%A4%BE
の末社である「天之日津久神社」に参拝した岡本天明 https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E5%B2%A1%E6%9C%AC%E5%A4%A9%E6%98%8E
に「あめのひつくの神」が神憑り、自動書記によってお筆先である「日月神示」が初めて降ろされた日からちょうど72年になります。

天之日津久神社は2011年まで9年半住み暮らした、いすみ市の自宅から車で約1時間のところにあり、家族共々よく参拝したものでした。


日月神示

第一帖(一)

富士は晴れたり、日本晴れ。神の国のまことの神の力をあらわす世となれる。仏もキリストも何もかもはっきり助けてしち難しい御苦労のない世が来るから身魂を不断に磨いて一筋の誠を通してくれよ。いま一苦労あるが、この苦労は身魂を磨いておらぬと越せぬ、この世始まって二度とない苦労である。このむすびは神の力でないと何も出来ん、人間の算盤では弾けんことぞ。日本はお土があがる、外国はお土がさがる。都の大洗濯、鄙(ひな)の大洗濯、人の大洗濯。今度はどうもこらえてくれというところまで、後へ引かぬから、そのつもりでかかって来い。神の国の神の力を、はっきりと見せてやる時が来た。嬉しくて苦しむ者と、苦しくて喜ぶ者と出て来る。 日本は神の国、神の力でないと何にも成就せん。人の力で何が出来たか、みな神がさしてゐるのざ。いつでも神かかれる様に、綺麗に洗濯しておいてくれよ。戦は今年中と言っているが、そんなちょこい戦ではない。世界中の洗濯ざから、いらぬものが無くなるまでは、終らぬ道理が分らぬか。臣民同士のいくさでない、カミと神、アカと赤、ヒトと人、ニクと肉、タマと魂のいくさぞ。己の心を見よ、戦が済んでいないであろ。それで戦が済むと思ってゐるとは、あきれたものぞ。早く掃除せぬと間に合わん、何より掃除が第一。寂しさは人のみかは、神は幾万倍ぞ、寂しさ超えて時を待つ。神が世界の王になる、てんし様が神と分らん臣民ばかり、口と心と行と、三つ揃うたまことを命(みこと)と言うぞ。神の臣民みな、命(みこと)になる身魂。掃除身魂結構。六月の十日、ひつくのかみ。

………………………………

日月神示が初めて人界に降ろされてから72年後の西暦2016年は特別な年であることが、神示にほのめかされています。



【日月神示】鳴門の仕組 - 日月神示の時節を読む
http://2288010.blog.fc2.com/blog-entry-4.html

(引用開始)

「黄金の巻」第十五帖
人から見てあれならばと云ふやうになれば、この方の光出るぢゃ。
行出来ねばお出直し、お出直し多いなあ。独断役には立たんぞ。
イワトびらきの九分九厘でひっくり返り、又九分九厘でひっくり返る。
天明九十六才七ヵ月、ひらく。
かのととり。
一二十


日月神示には「天明九十六才七ヵ月」と書かれていますので、天明(天命)を授かったその日から「96年7ヶ月」と解釈するのではないか。

では天明(天命)を授かったのはいつなのでしょう?(・ω・)



岡本三典著【日月神示はなぜ岡本天明に降りたか】50~51Pより引用
1920年に「岡本天明」と名乗り始めている。



月日までは分かりませんでしたが、「1920年」に天明(天命)を授かった事が分かりました。
それではこの1920年の誕生日に96才を足してみましょう。


1920年 + 96才 = 2016年


(引用終了)


つまり今年は「イワトびらきの九分九厘でひっくり返り、又九分九厘でひっくり返る。
天明九十六才七ヵ月、ひらく。」年なんだそうです。

もう半分近く過ぎてしまいましたが、どんな風にひっくり返るのか、どんな風にひらくのか、楽しみにしていたいと思います。


(了)
[PR]
# by asiakatasumi11 | 2016-06-10 02:11 | 旧世界の終焉

おやすみ、ニッポン

日本列島に生息している約1億2千8百万人余の日本人と呼ばれる人類の、多種多様な生態の一端が、日々刻々とインターネット、SNS、テレビ、新聞などを通して開示されている。

億千万の個人を巻き込むこの社会のうねりは多様性と基本的人権の尊重を却下しつつ、確実に長期的敗退へと進路をとっている。

一見ダイナミックに見える現代社会の変化も、実質的には表層雪崩を繰り返しているに過ぎない。

日本が復活することがあるとするならば、フクシマ由来の放射性人工核種の中でも最凶の、プルトニウム239の悪影響がほぼ無くなる10万年後以降のことであろう。

それまでの永い期間をヒノモトは放射能の万年雪の下、永い眠りの中で過ごすことになる。

おやすみ、ニッポン。
さざれ石の巌となりて 苔の生すまで。

[PR]
# by asiakatasumi11 | 2016-05-22 03:01 | 旧世界の終焉

ジパング寓話

常識的に考えてかなり悲惨な未来が予見できるのに、その現実を受け入れられない、あるいは受け入れたくない人々は、「日本は大丈夫」「世界的な人類の変容が日本から始まる」「日本が世界のリーダーシップをとる」などという類いの蝿取り紙に容易に捕集される。

これらの妄想は宗教や民族主義、ニューエイジ、オルタナティブ、精神世界、ヒーリング、ナチュラリズム、自然保護、市民運動などの中に巧妙に埋め込まれているため、より良い世界を願う人々のほとんどがそれとは知らずに洗脳されてしまう。

まもなく沈没しようとしている原子力船日本号から、乗組員たちは資産を租税回避地に、家族を海外に避難させているのに対し、避難することができない一般乗客たちは、やれ「古神道」だの、やれ「神社」だの、やれ「縄文」だのと、船が沈むまで苔むした虚構の中をさまようマインドコントロールから離れないように条件付けられている。

それがヒノモトの役どころなのだが、あまりにも愚かで痛すぎるエピローグだ。

放射能の国ジパングの滅亡は寓話として末永く語り伝えられることだろう。
[PR]
# by asiakatasumi11 | 2016-05-11 18:42 | 旧世界の終焉