「一地球人としての下山田吉成」のブログです。


by SIMON
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2012年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

立て! 立つんだ!

目覚めぬまま解党か…とうとうたちあがれなかったな
http://www.google.co.jp/gwt/x?hl=ja&client=twitter&u=http%3A%2F%2Ft.co%2F1UzuIJhM

時事ドットコム:たちあがれを「衣替え」へ=来月上旬にも、大連合目指す−石原新党
http://www.google.co.jp/gwt/x?hl=ja&client=twitter&u=http%3A%2F%2Ft.co%2FI6kCYHyD
[PR]
by asiakatasumi11 | 2012-10-31 03:13
福島・放射能計器(文科省設置)の数値が実際より低いことが判明

http://blog.livedoor.jp/hbk3253/archives/51360807.html

文科省と福島県の職員は殺人者で税金泥棒です。この人たちの給料&ボーナス&退職金&年金のために、国民や福島県民は高線量の被曝を強いられながら働いて税金を納めさせられているのです。

http://mblog.excite.co.jp/user/asia2011/entry/detail/?id=18543865&_s=42cd292aada5c25a4d0db5f0dd1477bc

文科省職員・福島県職員「私は違う。何も悪いことはしていない!」って?

暴力団員やオウム真理教の信者がそう言ったらあなたは信じますか?

たとえ直接悪事に手を染めていなくても公務員として俸禄を得ている以上、所属する官庁または自治体が犯罪者集団であれば、構成員である公務員全員に責任が発生するのは当然のことです。

犯罪者の汚名を着せられたくなければ、放射能と拝金主義に汚染された組織から潔く早期退職しましょう。そこに在籍する限りあなたは犯罪者の一人です。

高線量の地域から住民が離れられないのは、当該自治体が税収(公務員の給料・ボーナス・退職金・年金)を失いたくないためにあの手この手を使って引き止めているからです。

線量が実際よりもはるかに低く検出されるように姑息な細工をしているのもそのためです。

福島県民は捏造された線量を事実だと思い込まされて避難せずに高線量の被曝を日々重ねているため、いずれ深刻な健康障害を引き起こすでしょう。しかしそのことについては補償はなく、責任をとる人間も存在しません。
これは人道と生命に対する重大な犯罪です。

いつしか日本人の多くは、自分の経済的利益や安定のためなら他者がどうなってもいいと考えるような無慈悲で残酷な生き物になってしまいました。

腐敗した社会に帰属し、積極的にせよ消極的にせよその社会の存続に加担し、そこに適応する者はやはり腐っているのです。

放射能汚染地域に被曝しながら居住し、自分の経済生活のことしか考えていない公務員たちの収入(給料・ボーナス・退職金・年金)のために税金を貢ぐのがバカバカしいと思う方は速やかに移住しましょう。

人生は全て自己責任であり、良くも悪くもあなた以外の誰のものでもありません。
[PR]
by asiakatasumi11 | 2012-10-08 05:39
日本政府の国民大量殺戮を幇助した世界一のデマ新聞=読売の犯罪



読売新聞 平成23年5月16日朝刊から転載


「チェーンメールで放射能のデマ拡散」

福島第一原発の事故に関連して、千葉県の柏、松戸、流山と、埼玉県の三郷の計4市で、飛び地のように放射線の観測値が高くなる「ホットスポット」が発生しているといううわさがチェーンメールやツイッター、ネット掲示板で広がっている。
文部科学省原子力災害対文部科学省原子力災害対策支援本部は「千葉と埼玉で観測されている数値は平常値と変わらない」としており、日本データ通信協会迷惑メール相談センターは「公的機関や報道機関などの根拠ある情報を確認してほしい」と注意を呼びかけている。

チェーンメールは、eqchain@dekyo.or.jp 、悪質メールは、eqmeiwaku@dekyo.or.jp へ。

(転載終了)


今読むと怒りを通り越して結構笑える(笑)。

本当にこいつらは人間のクズだな。

でもこんな幼稚な嘘に騙される方もどうかしていると思う。

どう見ても腐りきっているこの政府をよく検証もせずに信用した国民の側にも非があると言えるのではないか。


一方、ゴミ売新聞のデマ報道のために大量被曝して発癌リスクを高め、寿命を縮めた人々がたくさん存在する。ホットスポットの住民は体外及び体内からの放射線被曝によって健康を蝕まれ、天寿を全うすることなく緩慢に死を迎える殺人事件の被害者になる可能性が高い。(加害者は国と東電である。)

もし正しい情報が報道されていれば、ホットスポットに住む多くの人々が早期に避難して被曝を最小限にとどめることができたはずだった。

この未必の故意に基づく殺人幇助もしくは業務上過失致死罪
は、必ず法廷で裁かれなければならない。

(人殺しのクソジジイ、臭い飯を食わせてやるからな。それまでは死ぬなよ!)


1000万部を超える世界一の発行部数を誇るゴミ売新聞は、PODAM=ポダム(のちに「ポジャクポット」)のコードネームを持つ、CIA(アメリカ中央情報局)のスパイだった売国奴=正力松太郎が社主を務めていたゴシップ紙である。

正力はA級戦犯として巣鴨拘置所に収監されたが、広島と長崎に原子爆弾を投下し30万人以上の人々を大量殺戮したアメリカ合衆国の工作員になることと引き換えに釈放された。

戦前は警察官僚のトップ(警視庁警務部長)として、戦後は国家公安委員会委員長として左翼を取り締まり、読売新聞社主として発行部数を拡大し、衆議院議員(科学技術庁長官・原子力委員会初代委員長)として原発を日本へ導入し、日本テレビを創設して米軍のマイクロ回線を全国に張りめぐらし、国内の通信・放送網を支配するという構想を進めるなど、米ソ冷戦時代の日本においてアメリカの傀儡としてエネルギーとメディアを掌握した上、それらを高度に政治利用することで内閣総理大臣になるという政治的野心を遂げようとした。

このようなスケールの大きい人物は現在の政財界には存在しない。こいつは悪党の中でも近来まれに見る大物の1人だ。

正力は警視庁官房主事として1923年(大正12年)9月1日に発生した関東大震災の際に、予想された社会主義者の扇動による暴動に備えるための警戒・取締りを指揮する中で、「朝鮮人暴動の噂」を組織的に流布したために世情が混乱し、自警団による朝鮮人虐殺、亀戸事件(社会主義者虐殺事件)、甘粕事件(無政府主義者虐殺事件)の遠因となった。ゴミ売新聞のデマ報道のルーツはここにある。

大震災という社会的混乱を伴う有事の際に、体制側の犬として悪質極まりない風評流布を行い、無実の市民が殺傷される原因をプロデュースするという雛型は、関東大震災時の正力松太郎によって初動を発せられ、東日本大震災時のゴミ売新聞によるデマ報道へとしっかり受け継がれている。


以上が米帝のスパイが社主だったゴミ売新聞というカスゴミの正体の一端である。
売国奴が創設した日本テレビも同じ穴のムジナだ。

正力は新聞とテレビという媒体を使って、親米世論を形成しアメリカの意図に忠実に日本国民を洗脳及びマインドコントロールしていったが、この謀略は大成功したと言える。

東日本大震災による福島第一原発事故が起きた時、いくら情報操作や隠蔽があったとは言え、必要な情報は戦時中に比べたらはるかに多く入手できたし、どう考えてもメルトダウンしているとしか思えないあの状況で、ほとんどの国民がテレビや新聞の報道を信じて放射能汚染に対する適切な行動をとらなかったことがその証拠だ。

長年に渡って続けられてきた洗脳やマインドコントロールの効果は、原発事故から1年7ヶ月経った現在も多くの国民の中でまだ持続している。


国やカスメディアの発表を信じるのは個人の自由だが、デマを信じたことでいかなる不利益を被ったとしても、それは自己責任であることを肝に銘じておく必要がある。

それがフクシマの教訓の1つである。
[PR]
by asiakatasumi11 | 2012-10-07 06:25