「一地球人としての下山田吉成」のブログです。


by SIMON
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2012年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

私の2人の子供たちはどちらも自宅で生まれました。

長女は当時80才の助産師がとりあげ、長男の分娩には私が間に合わなかったため、妻が一人で産みました。

分娩後2人にホメオパシーは与えましたが、不自然なビタミンK2シロップは与えませんでした。

出生直後、初乳を与える前に胎便を出し切らせることによって母体から移行した胎毒を排出し、清らかな体で人生をスタートすることができます。

胎便はやや深緑がかった黒いタール状の胎毒(母体から受け継いだ毒素と老廃物)の塊です。

胎便が出尽くすまでは水も白湯も一切何も与えないことがポイントです。砂糖水などもってのほかです。

胎便が出尽くす前に初乳や他の飲み物を与えてしまうと、胎毒が肝臓に留まってしまうのです。

その結果アレルギー体質が形成されアトピーや喘息などが起こりやすくなります。

胎便を出し切るまでに通常24〜72時間かかりますが、新生児は3日分のお弁当を持って出てくるといわれており、3日間飲まず食わずでも問題なく生きています。

その間薄暗い静かな褥で母親の胸の中で胎便(カニババ)をひりだしながら過ごすのが良いでしょう。

ただしこれは健康な赤ちゃんの場合で、現代の新生児のほとんどは生まれながらに不健康で生命力が弱い場合が多いため、このやり方を実践するにはリスクが高いかもしれません。

現代の新生児が生まれながらにして虚弱なのは、両親の不摂生による遺伝子の劣化や、母体が蓄積した環境ホルモン・食品添加物・経皮毒・薬毒・ワクチンの毒・放射性物質などが胎児に移行するからです。

したがって昔に比べて胎毒もたくさん持って生まれてきます。

現代の分娩ではご紹介したような胎便排出は医療システム的に不可能です。

病院では絶対にやらせてくれないし、助産師も責任がとれないと言って許可してくれないでしょう。

私が知る限りにおいて、胎便排出を達成したケースはほとんどが自宅での無介助分娩を行った場合です。

胎便完全排出を可能にする自宅での無介助分娩は、基本的に健康な心身を持った妊婦が自己責任で家族や身内の協力のもとで行う至極当たり前で自然な分娩法ですが、内的自然や心身の健康から乖離している現代人にとってはかなり勇気がいる方法であることも確かです。

自然で健やかなお産を目指すなら、妊娠してから準備したのでは明らかに遅いでしょう。妊婦になる直前からでも遅すぎます。

子供の時から始めれば間に合うかもしれません。

健全な生殖への準備は、実はご自身が生まれる前から始まっているのです。

これから子供を作る方々は、自分の孫の出生の準備をしているという認識を持つ必要があります。

だからこそ現在福島県を始めとする放射能高線量地域に、妊婦や乳幼児や少年少女が生活しているという事実は、本人たちはもとより将来生まれてくる「赤ちゃん」に対する許し難い暴力・虐待・殺人的行為だと思います。

精子や卵子の遺伝子が損傷してからでは取り返しがつきません。

私から見て、ほとんどの日本人は放射能の害をナメすぎています。

現代の日本人は、ヒロシマ・ナガサキの被曝の実態についてほとんど何も知らされていません。

それはヒロシマ・ナガサキの内部被曝による健康被害が、戦後66年間ずっと隠蔽されてきたからです。

話を元に戻しましょう。

私の娘は出生後約13時間カニババを断続的に排泄し続けたのですが、往診に来た80才の産婆さんの一喝で初乳を飲まざるを得なくなりました。

胎便はまだ出尽くしていませんでした。そのせいか、1才の時に全身に湿疹が発生し、8ヶ月間かけてようやく治癒しましたが、その後はとても順調に生育しています。

息子は、妻の本能に従って私が自宅にたどり着く前に出生しました。分娩後約48時間後、胎便を出し切って黄色い便を排出し始めました。

生後、病気らしい病気もなく、心身共に順調に成長しています。

野口整体では、新生児の肝臓活点(おそらく期門というツボ」に愉気というヒーリングを施して胎便排出を促すメソッドがあります。

私の知人には、分娩後赤ちゃんに72時間何も与えずに頑張った方や、分娩後「マクリ」という南米の海藻の水溶液を新生児に与えて、胎便排出を短時間で済ませた方がいます。

胎毒を浄化すると、非常に健康的な人生のスタートを切ることができます。

私の子供たちは健やかに成長しており、たまに熱を出すことはありますが、大抵は放っておけば自然治癒します。

ホメオパシーすらほとんど必要なく、もちろん医薬の世話になったことは一度もありません。

胎毒をデトックスする治療は、初乳を飲用後でも可能ですが、必然的に時間と手間がかかります。

出生直後に胎毒を出し切っておくことが、汚染時代を健康的に生き抜く重要なイニシエーションになることを体験をもって証言します。
[PR]
by asiakatasumi11 | 2012-03-25 02:26

We Are The World

We Are The World - Making(日本語ナレーションby小林克也)

1985年1月28日の夜、アメリカン・ミュージック・アワードの直後、アメリカのみならず当時の世界のポップス界を代表する45人がハリウッドのA&Mスタジオに集結して、翌29日午前8時にかけて行われた「We Are The World」のレコーディング風景。

今は亡きマイケル・ジャクソンやレイ・チャールズの雄姿が懐かしい。


http://www.youtube.com/watch?v=ctAGV21P2hc&sns=em

http://www.youtube.com/watch?v=r5ebqk0y-o8&sns=em

http://www.youtube.com/watch?v=w4laHSHPWQU&sns=em

http://www.youtube.com/watch?v=EwGMpQgSVz4&sns=em


ブルース スプリングスティーンのリハーサル映像
http://www.youtube.com/watch?v=SqneldgGIPw&sns=em
[PR]
by asiakatasumi11 | 2012-03-20 02:44

「反原発」でサルになる

科学技術信仰の化石、吉本隆明(87歳)逝く


吉本隆明
「『反原発』でサルになる」
「原発廃止は素人の暴論!同調する専門家は悪」
http://nureinu.net/archives/5659946.html


「ばなな」にとっては「最高の父」だったかもしれないけど、人類にとっては「最悪の評論家」だったと思う。

評価すべき功績もたくさんあったのに、原発推進に固執することによって自ら晩節を汚したのは残念。

菅直人といい、吉本隆明といい、東工大出身者にはロクな人間がいないのはなぜだろう。

老いぼれると放射性核種の半減期とか実感できないんだろうな。

吉本隆明が死んでも、私たちや私たちの子孫は放射能汚染の悪影響を何10万年も受け続けてゆかなければならないことを彼は全く認識していなかったと思う。

素人から玄人まで放射能を舐めすぎている。


中島みゆき 時刻表
http://www.youtube.com/watch?v=fQywGZG9Y4w&sns=em
[PR]
by asiakatasumi11 | 2012-03-18 04:37 | 脱原発 反原発 建て替え 建て直し 維新

FENCE

フクシマという放射能汚染地帯の檻の中にたくさんの未来ある子供たちが閉じ込められている。

これは人権と生命に対する犯罪であるというばかりでなく、結果的に私たち人類の未来を破壊する愚行であることは疑いの余地がない。

一刻も早く高線量地域から全ての子供たちが解放されることを願う。


TOM☆CAT - FENCE

http://www.youtube.com/watch?v=IBf80pqzp8Q&sns=em
[PR]
by asiakatasumi11 | 2012-03-13 12:30 | 脱原発 反原発 建て替え 建て直し 維新
「防人の詩」は発表当時、反戦歌として有名になった。

詩の内容は、ふるさとや生きとし生けるものの平和を願う兵士の祈りにも似た気持ちを歌ったものだと考えられるが、米ソの核兵器による冷戦時代に書かれた「防人の詩」が持つ反戦性は、イコール反核と呼んでも差し支えないものである。


フクシマ原発事故によってこの歌に沈潜していた反核的特質が強い意志を伴って顕在化したことを認めざるをえない。

さだは問う。
「みんな逝ってしまいますか?」


被曝しようがしまいが命あるものは必ず死ぬ定めにある。

しかし、健全な生は健全な死そして健全な子孫を残す。そこには生き物としての幸せがある。

放射線被曝は病的な生、病的な死そして病的な子孫を残す。そこには計り知れない大きな苦しみが存在する。
このままでは将来「生まれてこなければ良かった」と思う人がたくさん生まれてくるだろう。

子孫にそんな思いをさせてはいけない。

10数代先の子孫にまで、回復不可能な先天性疾患や生涯不健康に苦しむ人生をもたらす放射能汚染を世界中に拡散した罪は、万死に値するほど重い。

このような事態になってもまだ、「この程度の放射能汚染は大丈夫」だとか、「健康に問題は起きない」などという根拠のないプロパガンダを信じたい人々は、私から診ると既に「逝って」しまっている。
生命の危機を感受できない生き物は、生きながらにして死んでいると言っても過言ではない。


この歌が世に出る約4年前に、中島みゆきはアルバム「みんな去ってしまった」をリリースした。


◎防人の詩(さだまさし)1981東大寺コンサートより
http://www.youtube.com/watch?v=JjtmzOeRAMY
[PR]
by asiakatasumi11 | 2012-03-13 12:24 | 脱原発 反原発 建て替え 建て直し 維新
日の本の大峠が近づいた兆しがここにも現れています。

最近下記のような記事が読売新聞に掲載されました。


●強毒性新型インフル予測時、全国民に予防接種へ(読売新聞)

http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=55569
(転載開始)
読売新聞 3月6日(火)14時36分配信

 政府は、強い毒性と感染力を持つ新型インフルエンザの国内流行が予想される場合、国民の安全確保のため、原則として全国民に予防接種を行う方針を固めた。
 国内の医薬品メーカーなどと連携し、2013年度に1億3000万人分のワクチン供給体制の確立を目指す。9日の閣議で特別措置法案を決定し、今国会に提出する予定だ。
 政府は、強毒性の新型インフルが流行すれば、国内で最大64万人が死亡すると推計している。
 特措法案では、新型インフルの流行時に、首相が本部長を務める政府対策本部を設置すると明記。予防接種は、対策本部が「新型インフルエンザが国民の生命・健康に著しく重大な被害を与え、国民生活・経済の安定が損なわれないようにするため緊急の必要がある」と判断した場合に実施する。接種対象者や期間は対策本部がその都度検討するが、深刻な流行が予想される場合、持病が悪化する恐れがある患者などを除き、全国民への接種を想定している。

(転載終了)



悪魔的民族浄化プランが決行されようとしています。


◎予想されるシナリオは以下の通りです。

原発事故⇒放射性物質による被曝⇒免疫力低下⇒凶毒ワクチン強制接種⇒さらに免疫力低下・罹病性増進⇒強毒性人工ウィルスを拡散⇒パンデミック⇒タミフル・リレンザを投与⇒国民大量死⇒ウィルスは無主物⇒責任は誰にもない⇒「痛みと苦しみを分かち合って復興しよう」⇒こんなこと前にもあったな?


国民を愚弄したシンプルで見事な脚本です。


この施策による受益者はワクチンとタミフル・リレンザなどを製造販売する外資系製薬会社と、接種・処方する医師、製薬業界に天下る厚労省の官僚、製薬業界から政治献金を受けている政治家、製薬業界から研究資金を得ている御用学者、製薬会社がスポンサーになっているマスメディアなどであって、私たち国民ではありません。

これまで彼ら製薬マフィアや製薬村が、国民から強制的に徴収された健康保険料の財源にハエのように群がって食い物にしてきた結果、雪だるま式に莫大な累積赤字を抱えるようになってしまったのです。

この構造をよく見て下さい。

●製薬会社≒電力会社

●健康保険料≒電気料

●厚労省≒経産省

●業界から献金や票田の提供を受ける政治家

●業界から研究資金を得て当該業界に有利な研究結果を発表する学者

●スポンサーである業界のプロパガンダを垂れ流し、不利な事実は報道しないマスメディア


つまり原発問題とワクチンや薬害の問題は、非常によく似た構造とほとんど同じ病根を持つ、社会システムの病気なのです。

そしてこの「腐蝕の構造」は、本来健康保険制度の受益者たるべき国民の健康を破壊し、納付した保険料を詐取するとんでもない仕組みであることを理解する必要があります。

全国民接種というホロコースト法案が可決された場合、日本は破滅への大きな一歩を踏み出すことになるでしょう。


スペイン風邪は予防接種を受けた兵士たちの感染率や死亡率が驚くほど高かったことが判明しています。

ワクチン接種は生命にダメージを与え、免疫力を低下させて、放射能とネガティブに相乗し、私たちの内的治癒システムを一層損なうことでしょう。

新型インフルエンザワクチンを全国民に接種した後で新型インフルエンザウィルスが来日した場合、64万人をはるかに超える死者が出ると私は予測しています。


◎とっても怖い話題
新型インフルエンザワクチン
あなたは受けますか?
http://www.youtube.com/watch?v=8QmMNTXHeBY&sns=em

◎インフルエンザワクチンは打ってはいけない!(前半)
http://www.thinker-japan.com/dontvaccinated.html

◎インフルエンザワクチンは打ってはいけない!(後半)
http://www.thinker-japan.com/dontvaccinatedkouhan.html

◎新型インフルのワクチンについて
http://www.youtube.com/watch?v=avPlj1wOb3k&sns=em

◎予防接種は危険!
http://ameblo.jp/o333o/entry-10098193311.html

◎1918年のスペイン風邪の伝染は予防接種が原因だった!
http://jphma.org/fukyu/overseas_090806_Spanish_grippe.html
[PR]
by asiakatasumi11 | 2012-03-13 00:15 | ワクチン亡国論
斉藤和義が昨年9月に会津若松で行った野外ライブの中から、ギター1本で歌う「ずっとウソだった」。

聴衆のほとんどは若者たちで、怒りと悲しみと絶望感が交錯する会場は一種独特の雰囲気に包まれた。曲が始まると会場のあちこちで涙ぐむ若い女性たちの姿があった。

国や東電から騙され見捨てられた己が身の哀れさに泣いたのか、虚偽と欺瞞を切り裂いた斉藤和義の歌に感動した涙だったのか、私にはわからない。



ずっとウソだった
2011年09月15日
LIVE IN 福島 会津若松

http://www.youtube.com/watch?v=0fksL0Gv0JE&sns=em
[PR]
by asiakatasumi11 | 2012-03-03 04:37
メルトダウン

http://www.youtube.com/watch?v=ZZTDzWIs2HM&sns=em

本歌は、高田渡の「値上げ」。

軽妙なトーンの中に不屈の反骨精神が垣間見える諧謔歌。
[PR]
by asiakatasumi11 | 2012-03-01 04:00 | 脱原発 反原発 建て替え 建て直し 維新

Inside the Meltdown

BBC This World 2012

Inside the Meltdown

http://www.youtube.com/watch?v=IwBELPtVUCA


イギリスBBCが制作した福島第一原発事故のドキュメンタリー番組です。
取材先がフクシマなので映像は福ーとその関連、インタビューされているのは日本人ですから、英語がわからなくても内容は理解できます。

リアルな映像と関係者の貴重な証言で構成された優れた作品です。

基本的人権が侵害され、フクシマやホーシャノーに関する情報を執拗に隠蔽する日本のメディアにはこういう仕事はできません。

フクシマに関する有益な情報は、日本のマスメディアからではなく、海外から得られる場合が大半であるという異常事態が日常化していることに慣れきっている自分が不思議です。
[PR]
by asiakatasumi11 | 2012-03-01 01:45 | 脱原発 反原発 建て替え 建て直し 維新
御用学者・大橋弘忠
東大教授の妄言録


見よ、これが日本最高学府の教授=受験戦争勝ち組エリートの姿だ!



●雲隠れした「プルトニウムは飲んでも安心」の大橋弘忠

http://www.youtube.com/watch?v=6byKIUiuBcg

●自分の頭が壊れてる
「格納容器が壊れるのは1億年に1回」の大橋弘忠

http://www.youtube.com/watch?v=4sXccXQasMo

●【御用学者】東大・大橋教授。
今も同じ事言えますか?

http://www.youtube.com/watch?v=QDTuNPP5TLA


●「格納容器は壊れないしプルトニウムは飲んでも大丈夫」
東大教授・大橋弘忠

http://www.youtube.com/watch?v=VNYfVlrkWPc
[PR]
by asiakatasumi11 | 2012-03-01 01:12 | 脱原発 反原発 建て替え 建て直し 維新