「一地球人としての下山田吉成」のブログです。


by SIMON
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2012年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

国の借金の正体

日本国の借金が国民一人あたり何百万円とかいう記事をよく目にしますが、国の借金のほとんどは国民が政府に貸しているお金であって、私たち国民の借金ではありません。
国家とは官僚と政治家と財界人と公務員などの有象無象が、国民から徴収した税金を不正に山分けしているけしからん営利談合共同体のことです。

そもそもその借金はなぜ増えたのでしょうか?
そして返せなくなった時に国家が行使する常套手段とは?

◎愛の日記
タイタニックとイタリア客船

お母さん⇒国民
お父さん⇒国家

(以下転載)
 お母さんが内職で貯めたお金を、酒飲み、ギャンブル好きのお父さんが勝ってに引き出しをあけて、持っていってしまう。
 すがりついて、「そのお金は子供の給食費にとっておいたお金よ、、、」お父さんは、「何言ってるんだ、、、倍にして戻してやるよ、、、うるせえなあ。早く行かないと最終レースに間に合わねえっ、、どけ、はなせ。」
 そしてもちろん最終レースの夢も泡と消えたお父さんは、酒に酔って家に帰り、「お前がケチつけたから、馬も走らなかったじゃねえか、、、バカやローお前の責任だ。」
 と、ここまでが、現在の国と国民の様相。これでも相当にひどいが、本当のひどさはここから。 追い詰められたお父ちゃんは、ついに発狂寸前。責任から逃れるために、そうだ、、、家が燃えちゃえば、それどころじゃないよな。燃やすよりもドロボーに入られた方がいいかな、、、どっちがいいかな、、、、と。
 そしてあくる日、「ていへんだ、、、ドロボーが入って俺の金を持って行ってしまい、しかも火をつけやがった、、、、」
 お母さんはだんなを責めることもできず、「母ちゃん、しようがないよな、、、やり直せばいいんだよ」などと、再び父親にだまされて、保険金はまたお父さんの酒とギャンブルに消えていくのでした。
 これを国家版で行うと……………

(転載終了)


国債や借入金などを合計した日本国政府の負債総額が2011年度末に1000兆円を突破することが確実な見通しとなっていますが、これを人口で割ると国民一人当たり約800万円弱を国に貸している計算になります。
貸している相手が国だからといって安心しているととんでもないことになります。

国家と国民は一心同体ではありません。
金の力と情報操作によって国民を洗脳し、原発を推進した挙げ句に大事故を起こし、全国民を被曝させて生命を危機にさらしても原子力政策を止めようとしないような狂った国家に信頼を置くことはできません。

日本ではかつて国債が紙くずになったことが2度あります。

世界恐慌が起きた1929年と第二次世界大戦の敗戦時です。

どちらもつい最近のことですし、その時と経済や政治の構造は基本的に変わっていません。

為政者たちは国の負債がどんどん増えていくことに危機感を感じています。

金融危機と戦争がセットになっているとマドモアゼル・愛さんは指摘していますが、確かに体制にとって戦争は勝っても負けても膨大な借金をチャラにするには最も良い手段あるいは口実になります。

イランの核開発に対する経済制裁として、原油の輸入を禁止するという兵糧攻めを加える欧米諸国の本音は、「戦争やりたい」です。

ドルもユーロも暴落して、アメリカとヨーロッパ諸国はデフォルト寸前です。

かつて日本帝国にやったようにイランを孤立させて開戦に追い込むか、イラクの「大量殺戮兵器」と同様にイランの「核兵器製造」をでっち上げて、それを口実に宣戦布告しようという魂胆が見え見えです。

対イラン戦争を起こせば軍需景気でドルは持ち直すでしょうし、戦争に勝てば世界有数のイランの石油利権を手に入れることができるので、アメリカとしては何が何でも戦争に持ち込みたいのです。

アメリカの属国である日本もイラン産原油を禁輸にすれば、火力発電に使う石油が足りないということになって、原発推進派が大喜びするのが目に浮かぶようです。

また、こんな時に北朝鮮からミサイルが飛んで来たら、国内世論は親米・改憲論・再軍備に傾き、核武装のために原発推進論が力を得るでしょう。それは間違いなくヤラセです。

誰でしょうね?こんな悪党どもだけに都合の良いシナリオを書いているのは。

いずれにしても金融危機をチャラにするために戦争を仕組むというのは、為政者たちが昔から頻繁に用いてきた常套手段です。
国家は負債が大きくなると狂言戦争を仕組む可能性が高くなりますので、当分監視の目を緩めることはできません。
[PR]
by asiakatasumi11 | 2012-01-25 07:51 | 独裁体制の終焉 ファシズムからの解放
絶対原子力戦隊スイシンジャー

尾米タケル之一座 反原発コントフェス作品



私は絶対原子力ハンタイジャー
[PR]
by asiakatasumi11 | 2012-01-25 05:31
ウラン採掘による放射能汚染の脅威を明らかにしたドキュメンタリーを紹介します。


「イエロー・ケーキ クリーンなエネルギーという嘘」



(以下転載)

原子力発電の燃料として使われるウランが、鉱石採掘の段階で処理不可能な放射性物質を大量に発生させている事実を、世界各地のウラン採掘現場への5年間に渡る取材により明らかにした衝撃的なドキュメンタリー映画である。3.11以降脱原発を決意・宣言したドイツから全世界に発せられた、現代の黙示録。
2012年1月 渋谷・アップリンクにてロードショー!

(転載終了)


日本もかつては岡山県人形峠でウラン採掘をしていた時期があります。

以下はこの問題について書かれた小出裕章氏の論文を参考にまとめてみたものです。


人形峠のウラン鉱山は現在は廃坑になっていますが、約8万5000トンの鉱石を掘って、約85トンのウランを得たそうですので平均的品位は約0.1%だったことになります。

100万KWの原子力発電所1基を1年間動かすためには、天然ウランが190トン必要なので、人形峠で10年かけて採掘されたウランは、1基の原子力発電所が稼働するための必要量の半年分にも満たないものでした。

一方、周辺に野ざらしにされた残土(捨石)は約100万トンに達し、残土堆積場に入れば放射線業務従事者ですら被曝が許されないほどの空間線量が計測されるそうです。
その上、野ざらしにされているこれらの残土は風雨にさらされながら崩壊し、山から沢沿いに集落のある下流に汚染を広げていっているという憂慮すべき状況にあります。

ウラン鉱山がもたらす被曝には2種類あります。1つは採掘に従事する労働者の被曝であり、もう1つは掘り出した鉱石、鉱滓および残土による環境汚染からの被曝です。

ウラン鉱山労働者には古くから肺の病気が多発し、それが主に肺癌で、原因はラドンとその娘核種のポロニウムにあることも1930年代には明らかになってました。
ラドンはウランの娘核種の一つで、気体であるため、ウランを掘り出してしまえば容易に空気中に気化して、呼吸によって人体に取り込まれてしまいます。特にウラン鉱山の坑道にはラドンが充満し、多くの労働者に肺癌を引き起こしたのでした。人形峠のウラン鉱山坑内は、国際的な基準の1万倍ものラドン濃度であったことが残された記録によって明らかになっており、暫定的な評価によれば肺癌の犠牲となる労働者は70名に及ぶそうです。

またウラン自身の半減期は約45億年で、仮に製錬によって鉱石の中から完璧にウランを取り出したとしても、残りの鉱滓にはトリウム230から鉛206までの娘核種がすべて含まれています。トリウム230の半減期は80万年という長さです。

ウランを掘り出す限り、人類は永遠と呼んでも差し支えないくらいの長きにわたって、これらの放射能による脅威を受け続けることになるわけです。

残土の堆積場では、放射線作業従事者でも被曝が許されないほどの空間γ線が測定され、半ば崩れた坑口付近では放射線取扱施設から敷地外に放出が許される濃度の1万倍ものラドンが測定されています。そしてそれらのラドンは、風に乗ってすみやかに堆積場外に汚染を広げ続けているのです。

ラドンは仮にそれを吸入したとしてもすぐに体外に排出してしまうので、被曝としては大きな脅威になりませんが、問題はラドン娘核種の中に存在する最凶のα線放出核種ポロニウム(Po-218,Po-214)です。人間がこれらの核種をラドンとともに吸入すると、それらの核種は肺に沈着しα線による局所的な被曝を与えることになります。
ポロニウムの放射能はウランの100億倍というとてつもなく強力なものです。

100万KWの原子力発電所を半年運転させるにも足りないウランしか生み出さなかった人形峠ウラン鉱山周辺には、ドラム缶に詰めれば225万本相当の残土が野ざらしにされているのです。

原子力産業がもたらす利益があるとしても、想像できないくらい長期間続く環境汚染や世界規模の深刻な健康被害のリスクに比べれば、比較にならないほど僅かなものなのです。


●ウラン採掘と人形峠旧ウラン鉱山
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/Ningyo-toge/Ugoki.html
[PR]
by asiakatasumi11 | 2012-01-13 21:02 | 放射能汚染 放射線障害 食の安全

玄海は限界

佐賀県の玄海1号機の圧力容器(鋼鉄製)は、長年中性子線を浴び続けたことにより中性子照射脆化が促進した結果、急激に脆くなる温度(脆性遷移温度)がどんどん上昇し、最近は90℃を超えています。
このままだと地震などによる緊急炉心冷却時に、ガラスが割れるように原子炉の圧力容器が破壊される脆性破壊が起こる可能性が高く、極めて危険な状況です

http://www.youtube.com/watch?v=mk42WprmnJ8


玄海1号機は現在定期点検のために停止中ですが、九州を含む西日本の安全のためにこのまま再稼働させることなく廃炉に持ち込む必要があります。
[PR]
by asiakatasumi11 | 2012-01-07 15:32 | 脱原発 反原発 建て替え 建て直し 維新

人類を滅ぼす予防接種④

字幕が小さいのでパソコンかスマートフォンなどで見て下さい。

①ワクチンと脳疾患との繋がり?(1/8)

②ワクチンと脳疾患との繋がり?(2/8)


③ワクチンと脳疾患との繋がり?(3/8)


④ワクチンと脳疾患との繋がり?(4/8)

⑤ワクチンと脳疾患との繋がり?(5/8)

⑥ワクチンと脳疾患との繋がり?(6/8)


⑦ワクチンと脳疾患との繋がり?(7/8)


⑧ワクチンと脳疾患との繋がり?(8/8)

[PR]
by asiakatasumi11 | 2012-01-07 13:26 | 人類を滅ぼす予防接種

魔王 ビル・ゲイツ

ビル・ゲイツ氏は中国の原発に投資する一方で、ワクチンによる人工削減計画にも加担している現代の魔王と呼ぶにふさわしい怪物です。


◎ビル・ゲイツ氏が中国の原発に関心 中国で提携先を模索 2011/12/12(月) 14:57:33 [サーチナ]

◎Various Topics:ビル・ゲイツが中国との原発共同事業模索

◎ビル・ゲイツ、中国の原発開発に投資/12月8日(クーリエ・アンテルナショナル): フランスねこのNews Watc


●ビル・ゲイツ 「ワクチンで人口削減が可能」


●ビル・ゲイツ
「ワクチンは人工削減が目的」と語る。

[PR]
by asiakatasumi11 | 2012-01-07 12:48 | 原発マフィアと製薬マフィア

人類を滅ぼす予防接種③

字幕が小さいのでパソコンかスマートフォンなどで見て下さい。

①ワクチンには何が入っているの?(1/6)
http://www.youtube.com/watch?v=00CqO2z_kDI&sns=em


②ワクチンには何が入っているの?(2/6)
http://www.youtube.com/watch?v=YOpdgArr4bU&sns=em


③ワクチンには何が入っているの?(3/6)
http://www.youtube.com/watch?v=RhwEcrkxQSE&sns=em


④ワクチンには何が入っているの?(4/6)
http://www.youtube.com/watch?v=cBQayQ6WAzc&sns=em


⑤ワクチンには何が入っているの?(5/6)
http://www.youtube.com/watch?v=MQb9OO691oM&sns=em


⑥ワクチンには何が入っているの?(6/6)
http://www.youtube.com/watch?v=BG_cDuz2soI&sns=em
[PR]
by asiakatasumi11 | 2012-01-07 12:31 | 人類を滅ぼす予防接種
速報 福島中心にセシウム急増  マスク必要!!

http://portable.blog.ocn.ne.jp/t/typecast/171340/175313/39006826

(以下引用)

文部科学省が1月6日に発表した福島県、並びに他県のデータを見ると、福島県および関東一円のセシウム降下量は、事故後とほぼ同じぐらいのレベルに達しています。原因は不明ですが、とりあえず、マスクをする必要があります。

今、緊急に調べています。結果がでたらすぐブログに上げます。念のための措置ですが、お子さんをお持ちの方はあまり外に出ないように。データの信頼性もチェック中です。
データは危険なレベルです。マスコミが報道していないのは不思議ですが、1平方キロメートルあたり100メガベクレルを超えていて、かなり危険です。逃げる必要はありませんが、マスクをして外出は避けてください。
しばらく後に葉物野菜が汚染されます。(データが正しければ)

(引用終了)

大晦日から昨日までは岡山県で、八百万の神々と楽しいお正月を送っていましたが、今朝上京して久しぶりにネットにアクセスしてみると上記のようなことになっていました。

昨年末に船橋のドジョウがフクシマの原発事故は収束したと公言しましたが、1平方キロメートルあたり100メガベクレルを超えるセシウムが降下する状況のどこが収束なのでしょうか?

それとも、いったん収束した後で再臨界したとでも言うのでしょうか?


いずれにしても政府は、まだこの期に及んで原子力産業を推進するためにフクシマの原発事故を小さく見せようと腐心するばかりで全く信用できません。

もちろん政界や財界の犬に過ぎないマスメディアも同様です。

幸先が思いやられる年始となりましたが、今年も生きて生きて生きて生き抜きましょう。
[PR]
by asiakatasumi11 | 2012-01-07 10:29 | 放射能汚染 放射線障害 食の安全