「一地球人としての下山田吉成」のブログです。


by SIMON
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
【エマージェンシー ケア セミナー in ルマット 2017】
~カタストロフィを生き抜くナチュラル・サバイバル術~

アルケミスト・下山田吉成が、レメディ療法(ホメオパシー・ネイチャーエッセンス・ティッシュソルト)と手当て法に占術を応用するエマージェンシー ケア(緊急時の対処法)についてレクチャーする6回連続講座です。

文明の爛熟と退廃が地球規模で進行している現代社会において、「生存」は与えられるものではなく自ら主体的に獲得しなければ生き延びることが困難な状況になりつつあります。

現在進行中の深刻な自然破壊と環境汚染、いつ起きてもおかしくない首都圏の大地震・原発事故・テロ・戦争・致死的伝染病の蔓延・飢餓・様々な自然災害.........etc.。

このように書き連ねると皆さんの中には眉をひそめてこれ以上読むことをやめてしまう方がいらっしゃるかもしれません。

「見たくない真実」から目を背けて「安心できるウソ」を信じるのは個人の自由です。
しかしはっきりと断言しますが、目を背けようと背けまいとこれらの出来事の全ては既に過去に起きたことであり、近い将来繰り返される可能性が非常に高いことは疑いの余地がありません。

そしてその時に、私たちの命は生死のふるいにかけられて選別されるため、各人が好む好まざるにかかわらずサバイバルしなければ生き残れない状況に直面するのは火を見るよりも明らかなことです。

いざという時に役に立つのは国家や社会が言葉の上で保障している危機管理システム(一度でも有効に働いたことがあったでしょうか? 311の時はどうでしたか?)や根拠のない安全神話などではなく、個人の知恵と覚悟、生き抜くことに対する真剣な意志をおいて他には何もありません。

エマージェンシー ケア セミナー in ルマット 2017 では、危機的状況におけるレメディー・手当て法・占術等を用いた自然療法的サバイバル術の基礎を6回に分けてレクチャーいたします。

各回のカリキュラムに占術やダウジング、時間治療学などが織り込んであります。

受講生は毎回配布される講義テキストをお渡しするファイルに順次加えて、全6回分のサバイバル・マニュアルを完成していただくプログラムになっています。

※内容的には初心者の方が参加しても大丈夫です。

※ご興味のある回だけの単発受講・スポット参加もOKです。

※希望者が参加できない回につきましては翌月に補講をご用意しています。

※通信受講をされる方のためには録音ファイルをご準備いたします。


第1回
2017年1月14日(土)
11~14:00

●発熱【熱型(稽留熱・間欠熱・二峰熱・不定型熱・微熱・高熱)と随伴症状(激しい頭痛・のどの痛み・咳と胸痛・腹痛・耳痛・発疹や湿疹・吐き気・嘔吐・下痢・湿性咳・痰・熱性痙攣)】への対処法のバリエーションをレクチャーします。


第2回
2017年2月11日(土)
11~14:00

●外傷①【打撲・骨折・捻挫・脱臼・脳震盪・むち打ち】への対処法をレクチャーします。


第3回
2017年3月11日(土)
11~14:00

●アレルギー性疾患【花粉症・アトピー・じんましん・結膜炎・喘息・アナフィラキシーショック・口内炎・食事性アレルギー性胃炎・腸炎(アレルギー性下痢) etc.】への対処法をレクチャーします。


第4回
2017年4月8日(土)
11~14:00

●外傷②【切り傷・擦り傷・刺し傷・裂傷・火傷・凍傷・異物侵入・虫刺され・咬傷・出血・化膿】への対処法をレクチャーします。


第5回
2017年5月13日(土)
11~14:00

●災害時のトラブル【呼吸困難・窒息・酸欠・ガス中毒・水溺・渇水・感電・放射線被曝・放射能汚染】への対処法をレクチャーします。


第6回
2017年6月10日(土)
11~14:00

●病原性微生物【レンサ球菌(A群β溶連菌、肺炎球菌など)、黄色ブドウ球菌(MSSA、MRSA)、脳炎、淋病、百日咳、結核・非結核性抗酸菌、コレラ、ペスト、ジフテリア、赤痢、炭疽、梅毒、破傷風、ライム病、マイコプラズマ肺炎、性器クラミジア感染症、カンジダ症、白癬菌症、マラリア、クリプトスポリジウム、フィラリア症、インフルエンザ各種、ウイルス性肝炎(ABC)、後天性免疫不全症候群 (AIDS)、黄熱病、狂犬病、水痘(水疱瘡)・帯状疱疹、デング熱、伝染性単核球症、天然痘、風疹、急性灰白髄炎(ポリオ)、流行性耳下腺炎(おたふく風邪)、ヘルパンギーナ etc.】による伝染病や感染症への対処法(予防法と応急処置)についてレクチャーします。


(講師)下山田吉成 
心と体の治療院 ひもろぎ庵
http://www.himorogian.jp/

(主催)占星術グループ アイリス会
https://www.facebook.com/groups/1639335233008516/

(参加費)各回6000円 

(定員)各回15名

(会場)ルマット代々木
・千代田線 代々木公園駅 1番出口 徒歩3分
・小田急線 代々木八幡駅 徒歩3分

※会場の住所や地図は申し込まれた方にお知らせします。

(お申し込み)
ご希望の方は、下記facebookのイベントページをご覧いただき、下記①②の手続きをお願いします。
https://www.facebook.com/events/1104186046365407/

①美月ゆめさんに友達申請の上、参加希望のメッセージをください。
②このイベントページのイベント参加ボタンを押してください。
その後メンバー専用のメッセージスレッドにご招待させていただきます。

(お問い合わせ)
ひもろぎ庵 下山田吉成
Mail:himorogian@gmail.com
TEL : 050-7116-8815
FAX :03-6369-3032
http://www.himorogian.jp/

[PR]
# by asiakatasumi11 | 2017-01-03 13:07 | 自然療法
原発の是非とか放射能汚染や農薬やワクチン、薬品、食品添加物、GMO、公害の危険性とかをあーだのこーだのと議論しているうちに気がついたらいつの間にか多病多死社会になり、遺伝子異常者同士で交配を続けることで少子化かつ先天異常児しか産まれない一億総病人スラム列島になっているという悪夢のようなシナリオが凄まじい勢いで現実化しつつある。

b0226804_01301072.jpg


b0226804_01393216.png



生物として自滅しかかっているところに天変地異や致死的伝染病のパンデミック、異常気象による食料危機、経済破綻、戦争などが連鎖して発生すると文字通り阿鼻叫喚地獄となり、誰かが必死になって書いた穏やかなカタストロフィの筋書きは反古になる。

この社会には火に油を注ぐファクターばかりで状況の進捗に歯止めは効かないし、逃げ場のない大多数の一般人(ヤプー)には収容してもらえる方舟もシェルターもない。

「スピ」だの「ニューエイジ」だの「ヒーリング」だの「宗教(ごっこ)」だの「お薬」だのと、(問題を解決はしないけれども)心身の苦痛をごまかす代償や直視できない現実からの逃避先には事欠かないようだし、地獄の沙汰も自発的に合理化して諦念し「痛みをわかち合い」「次につなげる」奴隷気質がある限り、人口が激減してパラリンピック大国になっても人間牧場の経営は千代に八千代に安泰である。

誰ぞ知る、日本人が破綻しても日本国は破綻しない仕組み。
生きているのは人間ではなく、あらゆる世代の人間から税金やエネルギーを吸い取って、さざれ石が苔むすまで存続する国というシステムなのだ。

極東にある監獄列島の住人たちは、また以前のように、耐え難きを耐え、忍び難きを忍んでカタストロフィに無条件降伏するのだろう。

欧米の支配階級は日本をそう見ている。

………………………………………………………………………………………………………………………
              
三界の狂人は狂せることを知らず、四生の盲者は盲なることを識らず。

生れ生れ生れ生れて生の始めに暗く、死に死に死に死んで死の終りに冥し。

凡夫は善悪に盲いて因果あることを信ぜず。
ただし眼前の利のみを見る。何ぞ地獄の火を知らん。

羞づることなくして十悪を造り、空しく神我ありと論ず。
執著して三界を愛す。誰か煩悩の鎖を脱れん。


空海「秘蔵宝鑰」より
[PR]
# by asiakatasumi11 | 2017-01-03 01:23 | 旧世界の終焉
b0226804_23171810.jpg



おまえらは今までで最悪の恐怖をふりまいた
この世界に子供を産むことの恐怖を
まだ産まれても 名付けられてもいない
俺の赤ん坊をおびやかしている
おまえらはその静脈に流れる血にも価しない

You've thrown the worst fear
That can ever be hurled
Fear to bring children
Into the world
For threatening my baby
Unborn and unnamed
You ain't worth the blood
That runs in your veins.

Masters Of War / 戦争の親玉 
(Bob Dylan / ボブ・ディラン) 1963

[PR]
# by asiakatasumi11 | 2016-10-17 23:14 | 独裁体制の終焉 ファシズムからの解放

ワクチン・プロトコル

それにしても人間界の元締めたちが、猛毒ワクチンを世界中にばらまいて大もうけしている製薬業界と、迷えるグーミンたちに猛毒ワクチンを接種して大もうけしている医師たちを連携させて作り上げた人間牧場のシステムは見事だ。

「生命の安全と健康」という万人にとって重要度の高い資産を人質に取り、病への恐怖を煽って人々をマインドコントロールし、有害な毒物を伝染病予防に効果的だと信じ込ませる手口は歴史的に散々使い古されてきた古典的手法に通じるが、知的レベルと本能の低下したほとんどのニホン人には理解できないようだ。

新しい治療法や特効薬が開発されて先端医学の恩恵を享受する現代人はますます健康になるという、事実とは正反対の幻想を信仰する家畜人は、自分たちがワクチンを射たれてGMOのエサを食わされて、放射能と抗生物質と向精神薬を盛られて緩慢にポアされつつあることに気付くことができないように飼育されている。

自分たちを病気と死に導くこれらの職業的殺人者に権威を与え、多額の報酬と尊敬を捧げるヤプーの愚かさとクズっぷりが蔓延する現代ニッポンは、喜劇性を帯びた寓話的ホロコーストの舞台である。

詐欺師に全財産を預託していたことに気付くのは、健康と資産の全てを詐取された後だ。

すると今度は神仏への仲介を騙る宗教的詐欺師が、グーミンを新たな「ネバーエンディングストーリー」へといざなう。

羊飼いと牧羊犬のキャスティングが代わるだけで、物語を貫く「グーミン死すべし」の通奏低音は民族が終焉するまで鳴り響く。

健康と幸福が金で買えると信じているような拝金教の狂信者につけるクスリはない。

ワクチン禍をめぐる残酷物語はもう十分見飽きたが、人類が絶滅するまで続くのだろう。

やれやれ。


[PR]
# by asiakatasumi11 | 2016-08-10 03:34 | ワクチン亡国論
b0226804_00094869.jpg


人間牧場における家畜人同士の「分断」は、基本的に「分類」による「差別」を基にして行われている。

・政治・思想・信条の別による分断

・宗教の別による分断

・階級、所得、学歴、障害などあらゆる格差による分断

・人種や民族の別による分断

要するに「分類」による「差別」を基にした「分断」である。

差別主義者がよく使う言い訳に「差別ではなく区別である」という詭弁があるが、区別感のあるところに愛はなく、信念のあるところに智慧はないのである。

日本は法治国家でも民主主義国家でもなく、ファシズム大国の植民地であることが明らかになった以上、基本的人権や平和憲法などは事実上存在しないことを、単なる紙に書かれた文字になど何の意味も力もないことを、学校で教わったことや親やマスメディアに刷り込まれた全ては共同幻想であることを、骨の髄まで思い知らなければならない。

今さらどれだけ叫んでも、選挙フェスに熱狂しても、野党に投票しても、デモに参加しても、座り込みをしても、裁判に訴えても、署名運動しても、ビラ配りしても、SNSに投稿しても、イベントに参加しても、テロを実行しても、全て人間牧場の中での悪あがきに過ぎず、植民地の経営者にとっては痛くもかゆくもないことなのだ。
そんなことをいくらやっても「システム」に変更はないし、家畜人のマスターベーションとガス抜き以上の代償にはなりえない。

全員にマイナンバーを焼き印して、仲間割れさせた上に、強制労働と徴兵、搾取と詐取、放射能と薬漬け、最後は殺処分に死亡税徴収という磐石のシナリオ。

奴らはヤプーよりもはるかに頭がいい。

●「安倍やめろ」と叫んでも「植民地の経営者」には痛くもかゆくもない。ゆえに叫ばされるわけです。

http://s.webry.info/sp/06020596.at.webry.info/201507/article_5.html
[PR]
# by asiakatasumi11 | 2016-07-30 00:00 | ヒノモトの終焉